交通事故問題を弁護士に依頼するメリットとは?

交通事故の被害に遭われた場合は、できる限り早い段階で相談するようにしてください。

交通事故の賠償金は、弁護士に依頼することで大幅に増額できる可能性があります。また、相談は早ければ早いほど弁護士のサポートの幅は広がり、通院サポートなどを含めた手厚いバックアップを受けることができるようになります。

ここでは、交通事故問題の解決を弁護士に依頼することの重要性や、交通事故問題に注力する当事務所にご依頼いただくことのメリットについて解説します。

事故による不安や疑問の解決には弁護士の力が必要

交通事故被害者の方の多くは、具体的な解決策が見えない中で様々な不安や困惑を抱いていることと思います。

  • 怪我の治療費や賠償金はどうなるのか
  • 入通院による減収で生活費はどうすればよいのか
  • 怪我が回復し社会復帰できるのか
  • 仮に後遺症となった場合はどのような影響が出るのか
  • 相手方保険会社の対応にどうしても納得いかない

これらの問題に適切に対応するには、十分な法的知識や交通事故への専門的な経験値が求められることから、自分1人で解決を目指すことは大きな困難を伴います。従って、交通事故問題を重点的に取り扱う弁護士に依頼し、当事者として正当な主張を行い十分な賠償を得ることが大変重要です。

また、当事者本人としては、相手方保険会社とのやり取りだけでも精神的負担になるものですが、弁護士がいれば代理人として交渉に臨んでくれますので、安心して怪我の治療に専念することができるというメリットもあります。

交通事故を得意とする弁護士に求められること

弁護士は様々な問題を取り扱うことができますが、交通事故問題に正しく対応するには、弁護士自身が相応の知識と経験を持っている必要があります。例えば、示談交渉の進め方や後遺障害に関する知識、依頼者の精神的な不安をどうすれば埋められるか、といった点が重要だと当事務所では考えていますが、これらは直接法律と関係ないことでもあります。

しかし、ご依頼者様本人の抱える不安は非常に広く深いものだからこそ、当事務所ではじっくりと時間をかけて話を聞くように努めているのです。すると、ご依頼者様がどこに大きな不安を感じているかが、1つ1つ見えてくるようになります。

交通事故を重点的に取り扱う弁護士とは、ご依頼者様本人の気持ちを感じ取ってその意向を汲み取ることが上手い弁護士でもある、ということもできるでしょう。そうして初めてご依頼者様は精神的に安堵し、ゆっくりと体を休めて治療やリハビリに専念することが可能になります。問題解決を目指すためには、ご依頼者様と弁護士との間に信頼関係が存在していることが大切ですから、実はこういった法的要素以外の面が非常に重要であるといえるのです。

当事務所が交通事故に注力するきっかけ

交通事故の被害に遭うと、被害者であるにも関わらず、示談交渉において大変な思いを強いられることは珍しくありません。

最も苦労するのは相手方保険会社とのやり取りに関わる部分であり、弁護士に依頼していない場合は、保険会社から適正な賠償金の提示を受けられないケースが散見されます。

仮に弁護士に依頼したいと思っても、費用を用意できないために自ら対応しなければならず、結果として相手方に有利な条件で示談をまとめられてしまうことも少なくありません。

弁護士がいなければ、保険会社は提示金額を一定以上に上げることはないからです。

このような現実に直面して、辛い思いをしているのに適正な対応を受けられない被害者の方の力になりたいと強く思うようになり、当事務所は交通事故問題への重点的な取り組みを始めました。

相談料と着手金は不要で、気軽にご依頼いただけます

弁護士への依頼がハードルの高いものであってはいけませんので、当事務所では料金面でも工夫を行っています。

もし本人が弁護士費用特約に加入していれば問題はありませんが、未加入であった場合は相談料と着手金はいただかず、相手方から獲得した示談金の中からお支払いいただくよう柔軟な対応を可能にしました。

しかし、中には、弁護士に依頼して獲得できる賠償金額から弁護士費用を差し引くと、本人の手取り分が非常に少なくなるケースがあります。いわゆる「費用倒れ」の状態です。そのような事態を避けるために、当事務所ではまず弁護士費用と賠償金額についての見通しを立て、本人が受けられるメリットの程度を予測し、場合によっては弁護士を入れずに示談をしても大丈夫であるとお伝えすることもあります。

何より、交通事故被害者の方にとって、最もメリットが高い方法をアドバイスすることこそ重要であると、当事務所は考えているからです。

交通事故問題で当事務所が心がけていること

当事務所では、依頼者の話にいかに耳を傾け信頼関係を構築するか、という点を重視しています。本人と弁護士が二人三脚で解決を目指していくのですから、双方が信頼しあえる関係性を持てることがとても大切なのです。

また、当事務所ではご依頼者様に対する専門用語の使用は極力避け、わかりやすい言葉に置き換えて話をするよう心がけています。ご依頼者様本人に対して、弁護士が専門用語を多用して上から目線でアドバイスすることは失礼にあたると考え、お互いの理解度を一致させるためにも、言葉の選び方には細心の注意を払って対応しております。人間関係が全ての根幹にあると考えていますから、十分なコミュニケーションを最重要視した上で、当事務所の持ちうる専門知識や経験を活かし、ともに解決を目指すべきだと考えているからです。

当事務所においては、600件を超える法律相談のうち、7割が交通事故問題であり、今後は8~9割に増加する見込みです。だからこそ、当事務所では交通事故に注力する他の弁護士とも連携し、ネットワークを活かしながら、事故に遭った方の救済のために全力を尽くしたいと常に考えています。ぜひ、1人で抱え込まずに、当事務所まで気兼ねなくご相談いただけることをお待ちしております。

相談料・着手金0円、完全成功報酬制/賠償金が増額できなければ費用は一切いただきません!

0120-543-347
メールでのご相談はこちら(24時間・365日受付中)
0120-543-347