後遺障害等級認定に強い弁護士に依頼するメリットと選び方のポイントとは?

交通事故の損害賠償請求において、納得のいく金額を受け取るためには、まず交通事故の経験が豊富な弁護士に依頼することがとても大切です。

特に、後遺障害に発展するような重大事故の場合は、相手方から十分な賠償金を獲得するためにも、後遺障害等級申請に強い弁護士を選ばなければなりません。

そこで今回は、交通事故に強い弁護士に依頼すべき理由と当事務所における対応方針について解説します。

交通事故や後遺障害等級に詳しい弁護士に依頼すべき理由

弁護士は様々なジャンルの事件を取り扱うことができますが、それぞれ得意分野を持っていることが一般的です。

例えば、同じ医師でも整形外科や内科、皮膚科、小児科、消化器科等さまざまな専門科があるように、同じ弁護士でも交通事故、債務整理、相続、企業法務、刑事事件などの専門分野のうち得意としている分野があります。

もし、交通事故に重点を置いていない弁護士に依頼した場合、賠償金の最大化や後遺障害等級認定のポイントを把握しきれず、事故問題の解決が事務的に進められる可能性も否定できません。

しかし、交通事故に強い弁護士であれば、個々の事故ケースについて適切な賠償金額を計算することができますし、後遺障害等級認定に向けて戦略的な見通しを立てることもできるのです。

当事務所では交通事故に注力していますから、どこに注意すべきでどうすれば依頼者のメリットに繋がるかを熟知しています。

特に、後遺障害認定は賠償金額を大きく左右する重要なポイントになりますので、依頼当初から適切な等級を獲得するためのサポートを丁寧に行い、保険会社との交渉にも戦略的に臨んでいくことが可能なのです。

交通事故の経験によって変わる弁護士の差とは

被害者の方のお気持ちとしては、できるだけ交通事故問題に詳しい弁護士に依頼し、納得のいく解決をはかりたいとお考えになることと思います。

そこで、弁護士を選ぶ際には、以下の点を参考にして弁護士の経験値を探ると良いでしょう。

  • 示談の進め方を知っているか
  • 後遺障害に関する知識は十分か
  • 依頼者である自分への対応姿勢はどうか

いずれも、法律とは直接関連性のない部分ではありますが、だからこそ弁護士の真価が問われる部分だといえるのです。

交通事故問題を数多く経験していなければ、相手方保険会社との難しい交渉はもちろん、後遺障害等級獲得に向けた十分な準備を進めていくことは困難だといえます。

また、依頼者と弁護士との信頼関係は、満足度の高い問題解決のために欠かせない要素であり、双方が互いの思いや考えを共有していることが非常に重要です。

交通事故問題の経験値が高い当事務所であれば、まずは依頼者の心情や望みを十分にヒアリングし、弁護士からもわかりやすい言葉で現状説明や今後の見通しをお伝えしていきますので、まさに「二人三脚」で解決へと向かうことが可能になります。

後遺障害等級認定は弁護士の実務経験が重要

後遺症が生じるということは、事故や怪我の状態が深刻であることを指しています。

実務的には、どのような事故状況から後遺症に至り、どのような症状が生活を阻害しているか、弁護士自身があらゆる事情に精通していなければ、後遺障害等級認定における正しい主張ができないことを意味しているのです。

また、後遺障害等級認定の際には、医師による診断書が非常に重要な要素となってきますが、医師は交通事故や後遺障害等級認定についての専門家ではありません。

そのため、交通事故に注力する当事務所では、申請に通りやすい後遺障害診断書の作成を念頭においた対策をとっています。

後遺障害診断書に書いてもらうべきことを依頼者にメモでお伝えし、そのメモに基づく後遺障害診断書の作成を医師にお願いするようにしているのです。

このような対策のとり方には十分な知識と経験が不可欠であり、交通事故を重点的に取り扱っている法律事務所だからこそ可能なことだといえます。

インターネットの情報は鵜呑みにしない

インターネット上には情報が溢れかえっていますが、情報の鮮度が古いものや新しいもの、間違った内容から正確な内容まであるため、正しい情報を自力で選別することは決して簡単ではありません。

その中から、鮮度が良く正確な情報を得るためには、作成者の根拠がはっきりしている法律事務所のホームページを参考にするのが良いでしょう。

ただし、実際の交通事故問題では、専門的な法律知識の活用や困難な交渉事への対応が必要になってきます。後遺障害認定についても、理屈で理解できていても、実際にどういったことがポイントになるのかは、情報を閲覧しただけではわかりません。

そのため、インターネットを情報については参考程度にとどめて鵜呑みにはせず、実際の対応は信頼できる弁護士に依頼することが望ましいのです。

後遺障害等級認定はお早めに当事務所までご相談ください

交通事故においてできるだけ納得のいく結果を得るためには、事故後いかに早く弁護士へ依頼するかが重要なポイントとなります。

また、後遺障害等級を認めてもらうためには、客観的証拠として画像診断書類がとても重要になってくるため、事故直後に必要な検査をきちんと行わなければなりません。

最善の結果を得るためには「こうした方が良い」という考え方や対応方法がいくつもありますから、ぜひ速やかに当事務所までご相談頂き、具体的な見通しを立てておくことを強くおすすめ致します。

当事務所は、むち打ちをはじめ、さまざまな後遺障害の認定を獲得してきたノウハウがございますので、事故後後遺症が残りそうな場合は、できる限りお早めにご相談ください。

相談料・着手金0円、完全成功報酬制/賠償金が増額できなければ費用は一切いただきません!

0120-543-347
メールでのご相談はこちら(24時間・365日受付中)
0120-543-347